小さく始めるブランディング、小さなブランディングのコンセプト

おまかせください「小さな会社のブランディング」

「まずは、やってみる」ブランディング

限られた予算とリソースでも「まずは、やってみる」ことができるブランディングを「小さく始めるブランディング」と名付けました。
「ブランディング=全てのデザインを刷新するお金のかかる作業」というイメージが定着してしまったせいか、ブランディングを導入している企業はまだまだ少ないのが実情です。でも実は、多額の予算をかけず、また、会社や事業の規模にかかわらずブランディングはできるのです。

広告する予算がない。だからこそブランディングが大切

ブランディングとは、自社の商品やサービスを選んでもらうために「お客様にとってどんな価値があるのか?」をユーザーに伝えること。事業にとっての基本であり、予算やリソースの大小にかかわらず必要不可欠な活動です。大量の広告出稿で認知を高めることが難しい予算の限られた事業こそ、お客様に提供する価値を際立たせるブランディングがより重要でもあるともいえます。

ブランディングは大企業だけのもの?

しかし、「ブランディング」と聞いた途端に予算や時間、労力を懸念して着手を先延ばしにしてしまい、結果的に機会損失となってしまうことが往々にしてあります。ブランディングに対して「大掛かりなプロジェクト」「コストがかかってしまうもの」という固定概念ができてしまっているからです。確かにたくさんの人手と予算を投入すれば華々しいブランディングが実行できます。書籍やインターネットで紹介されている事例の多くもこれら大掛かりなブランディングです。しかしそれらは一部の事業者にだけ可能なことであって、誰もが真似できるものではありません。

ブランディングとはロゴを新しくデザインすること、ではありません

ブランディングと聞くと、ロゴの新デザインやホームページのリニューアルを真っ先に思い浮かべられるかもしれません。そもそも、それは間違った認識です。
ブランディングとは、自社の強みや独自性、マーケティング資産を、顧客ターゲットや市場環境と照らし合わせ、自社ならではの「お客様に選ばれる理由づくり」を行うことです。生み出した提供価値がお客様の目に止まり、理解され、共感してもらうために、伝える手段のひとつがデザインです。デザインはブランディングにおける二次的な作業なのです。

お金よりも知恵を使うブランディング

このように、「小さく始めるブランディング」は、まず、お客様に選ばれる理由を見つけ、次にそれを社会に広めて共感を得る道筋を考えます。お金よりも知恵を使うブランディングなのです。
「ブランディング=全てのデザインを刷新するお金のかかる作業」という固定概念を捨ててください。小さな会社でもブランディングはできます。お気軽にご相談ください。

「小さく始めるブランディング」の特徴 >

PAGE TOP