小さく始めるブランディング、小さなブランディングのコンセプト

おまかせください「小さな会社のブランディング」

「まずは、やってみる」ブランディング

限られた予算とリソースでも「まずは、やってみる」ことができるブランディングを「小さく始めるブランディング」と名付けました。会社や事業の規模にかかわらずブランディングはできます。小さな会社のブランディングもおまかせください。

広告する予算がない。だからこそブランディングが大切

ブランディングとは、自社の商品やサービスを選んでもらうために「お客様にとってどんな価値があるのか?」をユーザーに伝えること。事業にとっての基本であり、予算やリソースの大小にかかわらず必要不可欠な活動です。大量の広告出稿で認知を高めることが難しい予算の限られた事業こそ、お客様に提供する価値を際立たせるブランディングがより重要でもあるともいえます。

ブランディングは大企業だけのもの?

しかし、「ブランディング」と聞いた途端に予算や時間、労力を懸念して着手を先延ばしにしてしまい、結果的に機会損失となってしまうことが往々にしてあります。ブランディングに対して「大掛かりなプロジェクト」「コストがかかってしまうもの」という固定概念ができてしまっているからです。確かにたくさんの人手と予算を投入すれば華々しいブランディングが実行できます。書籍やインターネットで紹介されている事例の多くもこれら大掛かりなブランディングです。しかしそれらは一部の事業者にだけ可能なことであって、誰もが真似できるものではありません。

お金の代わりに知恵を使うブランディング

「小さく始めるブランディング」は、このようなジレンマを打開するための提案です。「見ばえよりも実質的な効果を重視する」「なにもかもいっぺんに行うのではなく、優先順位をつけて整える」「自分たちにフィットした運用方法を見出す」など、予算やリソースが無ければ無いなりに考える、お金の代わりに知恵を使うブランディングです。

「小さく始めるブランディング」の特徴 >

PAGE TOP