京都知恵産業創造の森ウインドウサイン

2018年11月に設立され、2019年3月には京都市・四条室町に新しくできた「京都経済センター」に新オフィスを開設した「一般社団法人 京都知恵産業創造の森」のブランディング、およびブランドシンボル、ウェブサイト、ステーショナリー、オフィスのウインドウサイン等のデザインを担当させていただきました。

「京都知恵産業創造の森」は、起業者等の産業人材の育成を中心に、産学公連携、スマート社会の推進等を図ることを目的に設立されました。京都経済センターへ移転することで、さらに多数の経済団体や支援機関等の交流と融合の効果を最大限に具現化し、オール京都の様々な知恵の融合により幅広い分野で新たな価値の創造を図ることを目指しています。具体的には、産業人材の育成や、産学公の交流や連携による未来につながるイノベーションや知恵を活かしたビジネスプランの創発、またスマート社会の実現などです。

ブランディングにおいては、「創造の森」の名のとおり、様々な新しい芽が次代の木々となり、豊かな知恵産業の森を京都で育んでいくことを、この組織の「提供価値」としました。また、ブランドシンボルの制作では、提供価値のビジュアライズとして、森の生態系の多様性、相互関係性、持続性、成長性を感じられるエレメントを、「森」の字を想起させる正三角形のフォルムの中に収めました。

京都知恵産業創造の森ブランドシンボル

ウェブサイトやパンフレット、オフィスのウインドウサインのデザインにおいても、ブランドシンボルを構成しているエレメントをパターンとして展開することにより、「京都知恵産業創造の森」を視覚イメージとして、多くの方に記憶してもらうことがポイントとなっています。

「京都知恵産業創造の森」の横には、オープン・イノベーション・カフェと呼ばれるWi-Fiが使えるミーティングスペースや、研修・会議ができるスペースが複数あり、これから起業を考える社会人や学生が集い、自由に情報交換や勉強のできる雰囲気があります。みなさんもご利用してみてはいかがでしょうか?

PAGE TOP