プロフィール

古賀 真吾(こが しんご) 1963年7月4日 福岡県生まれ

1987年に九州芸術工科大学(現・九州大学 芸術工学部)芸術工学部画像設計学科卒業。
医療機器メーカーの宣伝・広報部門での約2年半勤務を経て、
1990年に京都市内のデザイン会社に入社。
企業のVisual Identity計画やセールスプロモーションのためのデザインに携わりました。

特にヤマハ発動機株式会社のVisual Identity計画においては、
同社創設時より使用されてきたブランドシンボル(シンボルマーク、ロゴタイプ)のリ・デザインから始まり、
広報・宣伝物における表示規定の作成とマニュアル化、
また、個々の事業向けのブランドシンボル開発等への展開を図りました。

profile_ymc-02

一方で、1992年から約10年間にわたり、自治体、国営公園、博覧会等のサインデザインの制作に関わりました。
中でも京都府の「緑と文化のサイン計画」においては、
京都府全域の地形をCGによる立体表現した地図を制作することにより
1996年度「京都デザイン優品」の認定を受けました。

京都府緑と文化のサイン計画

2000年からは大学関係の広報ツール類の編集およびデザインを数多く手がけ、
特に京都大学の大学案内「知と自由への誘い」のリニューアルにおいては、
国公立大学の独立行政法人化の時期に重なったこともあり、
学部・学科紹介だけにとどまらない、教育研究環境や理念の総合的な訴求を目指した情報誌へと
進化させることに成功しました。

京都大学留学生課ポスター

2006年に個人デザイナーとして独立。「小回りの効く」デザイン活動をしていく中で、
ブランディングやブランドマーケティングが本当の意味で効果を発揮するのは、
マス媒体による大掛かりな宣伝活動ができない中小規模の企業であることを実感しました。
特に、Webサイトを情報発信の核に据えたブランディング計画の設計を得意としています。

2015年現在、住宅会社をはじめとする複数の企業のブランディングやブランドマーケティングについて
PDCAサイクルに基づくメンテナンス活動を継続するとともに
新たに複数の企業のブランド開発を進行中です。

[お問い合わせ先]
古賀デザイン(古賀真吾)
E-mail:koga@koga-d.com
住所:京都市西京区桂南巽町27−6−605
電話:090 3675 3240