Blog

[ブログ]ホームページを考える(1)ー 私がホームページ制作に携わるようになったわけ

仕事柄、お客様には「自社の存在や提供価値を社会に対して発信していくためには、ブログは不可欠ですよ」と言いながら、自身のブログは全く手付かずの状態が長く続いています。お客さまから鋭いツッコミを頂く前に、これからは週に一度のペースを目安にアップしていこうと思い、ブログを再開しました(と、自分自身にノルマ化)。

しばらくは「ホームページを考える」というテーマでシリーズ化を考えているブログの1回目は、「私がホームページ制作に携わるようになったわけ」でスタートです。

私は大学ではグラフィックデザインを学び、卒業後は医療機器メーカーの宣伝部に2年余り在籍。その後、デザイン事務所に16年勤務し独立したわけですが、デザイン事務所在籍中の業務の98%はグラフィックデザイン(紙媒体)の仕事でした。退職前の数年だけ、主には大学の研究広報関係でホームページの仕事をかじったぐらいです。また、当時あったアドビの「Page Mill」というアプリケーションソフトで、事務所のホームページを作ったりもしました。

ホームページ(インターネット)という媒体が世の中に広く普及しだしたのが1990年代後半ですから、そもそも私のキャリアの前半ではホームページに関わりようがなかったわけですが、2000年代に入っても会社の業務として積極的には取り組んでいなかったと記憶しています。理由としてはマンパワーやスキルもあったかと思いますが、最大の理由はインターネットがマーケティングのツールとしてここまでのポジション、パワーを持つと想像していなかったことだと思います。自分のまわりでは、まだまだ「電子版会社案内」「電子版カタログ」「電子版抄録」的な、マス広告や印刷媒体を補完するものとしてホームページは位置付けられていた印象を記憶しています。

しかし2006年に独立した時、世の中では既にインターネットによる広告費は雑誌のそれを上回っており、マーケティング軸足はインターネットへ大きくシフトしようとする時期だったのです。

インターネット広告市場 (媒体別広告費の推移 出典:株式会社電通)

インターネット広告市場 (媒体別広告費の推移)

(次回へつづく)

2016-07-14 | Posted in BlogNo Comments »